士業で成功する秘訣は?

士業で成功している人は非常に少ないと言えます。
税理士や弁護士、司法書士など士業には様々な業種が有りますが、
その殆どが本業だけではなかなか生活を維持するほどの稼ぎを得ていないものです。

その反面、年収1千万円を超える収入を得ている人もいます。
その違いはどこにあるのでしょうか。

士業を始めるのは実は非常に簡単です。
弁護士であれば司法試験に合格し、
自分の住む都道府県や開業したい都道府県の弁護士協会に登録をすることで
弁護士としてスタートできます。

しかし、弁護士は仕事の依頼が無いと収入を得ることができません。
これは他の士業でも同様です。

仕事の依頼が無いと収入を得ることができないのです。
その為、まずは広く自分の存在を知ってもらい、
依頼を増やそうとすることが重要です。

多くの場合は事務所を構えて、弁護士や司法書士、税理士を行っていることを
広くアピールすることになります。
そして依頼人を増やそうとするのです。

また中には法人化して社会的地位を作り、
依頼を獲得する方法をとる場合も有ります。
士業で成功するためには資格を取っただけではいけません。
まずは事務所を作り看板を作成して出来るだけ人の目に留まるようにすること、
また法人化して社会的地位を築くことで法人からの依頼を増やすことが、
知名度を上げ成功することに繋がります。

士業の厳しさ~資格があっても食べていけない

士業とは、弁護士や司法書士、公認会計士など、士がつく職業のことをいいます。

高度な専門的な知識を必要とし、年収が比較的高いのが士業の特徴です。
これらの資格とるためには、何年も時間をかけて勉強しなければなりません。

資格試験勉強

司法試験に至っては、10年以上かかる場合もザラです。
資格取得のために専門学校に通う場合には、そのお金も必要になるので大変です。
中にはキャッシングを利用して、お金のやりくりをしている人もいます。
キャッシングといえば審査、電話確認が不安な人いるでしょうが、
電話確認がないキャッシングがあるそうです。

そんな中、苦労の末、合格した時の喜びは何ものにも代えがたいでしょう。

士業に合格したら後は安泰かというと、そうではありません。
昔はそうだったのかもしれませんが、現在は違います。

士業も飽和状態なのです。
ひとたび実務の世界に飛び出せば、
学校時代の仲良しごっこから卒業しなければなりません。

黙って待っているだけでは、お客さんは寄って来ません。
どれだけ専門分野に磨きをかけても、存在を知られないと意味がありません。

周りの同業者にお客さんを奪われていきます。
士業といえども、マーケティングについて勉強する必要もあるでしょう。

また、士業同士の集まりに参加して連携を作ったり、
地域社会に貢献したり、営業活動で顔を覚えてもらったり、
といった自助努力も欠かせません。
こうした地道な努力なくして、人並みの年収を得ることはできないでしょう。

士業とは?

士業とは弁護士、司法書士、不動産鑑定士のほか、
中小企業診断士、不動産鑑定士など「士」のつく仕事を指します。
それぞれ一定の国家試験に合格し、その資格を用いて仕事をしている人たちの事です。

その他にも士業と呼ばれる仕事の種類はたくさんあり、
それぞれの業界でそれなりの発言力を持っていることが多いものです。
また仕事によっては、士業の資格を持っていないと出来ない仕事も多く、
その存在価値も非常に高いものです。

その為、一般的には仕事の種類を問わず、
年収も高いと思われている傾向が強いものです。
しかし、実際は年収の高い人はほんの一部で、
大多数の人は士業だけでは食べていけないような状況です。

弁護士は年収が高い代表格のようによく言われますが、
そのような人はほんの一握りです。
実際には弁護士の資格を持っているのに、
なかなか仕事が無くて、アルバイトや大学の法学部の助手をして食べている、
という人も少なくありません。

士業というのはその字の通り、武士の士でサムライ業とも言われ、
その実力と運がないとなかなか成功できない仕事でもあります。
しかし、基本的には自分一人で判断して仕事を進めることができるため、
サラリーマンにとっては憧れの職業でもあります。